MOUSE ANTI HUMAN CD16:Alexa Fluor® 647 (MCA2537A647) 製品に関するお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。

販売元 Bio-Rad Laboratories, Inc.Bio-Rad Laboratories, Inc.
製品タイプ Antibody - Monoclonal
画像データ
Figure A. Alexa Fluor 647 conjugated Mouse anti Human CD14 (MCA1568A647) and Alexa Fluor 488 conjugated Mouse IgG1 isotype control (MCA928A488). Figure B. Alexa Fluor 647 conjugated Mouse anti Human CD14 (MCA1568A647) and Alexa Fluor 488 conjugated Mouse anti Human CD16 (MCA2537A488). All experiments performed on red cell lysed human blood gated on mononuclear cells in the presence of 10% human serum. Data acquired on the ZE5 Cell Analyzer.

マウス抗ヒトCD16抗体であるクローンDJ130cは、低親和性免疫グロブリンガンマFc領域受容体III-AまたはFc-ガンマRIIIaとしても知られるヒトCD16を認識します。 CD16aは、254アミノ酸の約50〜65 kDaのシングルパス1型膜貫通型糖タンパク質で、2つのIg様C2型ドメインを持っています。 CD16は、膜貫通型(Fc gammaRIIIA、またはCD16A)およびグリコシルホスファチジルイノシトール(GPI)アンカー型、Fc gammaRIIIB、またはCD16Bとして存在します(Scallon et al.1989)。 CD16AはNK細胞、一部のT細胞、マクロファージによって発現されますが、CD16Bは主に顆粒球によって発現されます(Ravetch and Perussia1989)。 さらに、CD16Bは2つの対立遺伝子変異体NA1およびNA2として存在します。 DJ130cは、NA表現型に関係なく、すべての多形核細胞を認識します。

マウス抗ヒトCD16抗体であるクローンDJ130cは、CD16の最初の膜遠位ドメインのエピトープを認識し、CD16aとCD16bの両方を認識し、アカゲザルMacaca mulattaのCD16と交差反応することが実証されています(Xu et al.2012)。
価格 ¥72,000
カタログ番号 MCA2537A647
容量 100 TESTS/1 ml
用途 Flow Cytometry
フォーマット / 標識 ALEXA FLUOR® 647
交差性 Human, Macaque
クローン DJ130c
免疫動物 Mouse
データシート
詳細情報 製品詳細情報はこちらをクリック(論文情報、その他の画像データなど)

※弊社製品は、最寄りの販売代理店を通してご注文ください。ご不明な場合、弊社までご連絡ください。

※製品および技術的なご質問、資料のご請求などございましたらこちらまでご連絡ください。

※まとめ買い、大量購入、カスタマイズサービスについては、販売代理店へご確認ください。

※表示価格はメーカー希望小売価格(税別)です。詳細は販売代理店へご確認ください。なお、製品情報、価格等は予告なく変更される場合がございます。

※用途に[*]がついているものは一定の条件下での使用が推奨されたものです。製品詳細ページよりデータシートにてご確認ください。

バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社
住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-24 天王洲セントラルタワー20F
電話:03-6361-7000
FAX:03-5463-8480

次の製品が選択されています

販売代理店様宛ての発注依頼書作成画面にお進みください(「作成する」をクリック)

同一クローンの抗体

※提供していただいた抗体データのクローンが完全一致する抗体を各社最大5件表示しています。

関連する可能性のある抗体

※Uniprot Knowledgebaseを使用した形態素解析の結果から、関連する可能性のあるその他の抗体を各社最大5件表示しています。

免疫細胞マーカー
検索ツール

ヒトおよびマウス免疫細胞のマーカータンパク質を簡単に検索できるツールです。選択した分子の抗体製品へのリンクも提供しています。

詳細はこちら»