絞り込み検索

細胞生物学試薬

細胞生物学・細胞死試薬(RCD:Regulated Cell Death)

細胞生物学試薬(Cell Health Regaents)

細胞を用いた実験には多くの検証が必要です。その重要な検証のひとつとして“Cell Health”の評価があります。細胞の状態を確認することは実験の再現性を確保するために重要です。細胞の生存率、細胞増殖などを評価するため、バイオ・ラッドでは多くの信頼性の高い製品を取り揃えています。

Tech Brief関連記事:セルバイオロジー実験の前に、まずは細胞の健康チェックから



細胞死試薬(RCD:Regulated Cell Death)

調節された細胞死、Regulated Cell Death(RCD)と呼ばれるアポトーシス、オートファジー、パイトトーシス関連の抗体・キットを取り揃えています。

関連記事:Regulated Cell Death Overview



分野 分類 製品 用途
細胞生物学 (Cell Heath) 細胞生存率
(Cell Viability)
PureBlue DAPI/Hoechst 33342 Nuclear Staining Dye IF
ReadiDrop PI/7-AAD Cell Viability Assay F
VivaFix Cell Viability Assay F / IF
alamarBlue EN / FN / IF
細胞増殖
(Cell Proliferation)
alamarBlue EN / FN / IF
CFDA-SE Assay F
CytoTrack Cell Proliferation Assay F
抗Ki-67 抗体 C / E / P / IF / E / WB
抗MCM2 抗体 P / WB / C / IF
抗PCNA 抗体 WB / F / C / IP / P / E
抗BrdU 抗体 C / F / IC / IF / P
細胞死 (RCD : Regulated Cell Death) アポトーシス
(Apoptosis)
pSIVA Real-Time Apoptosis Kit IF
Annexin V Kit F
FLICA Caspase Kit F / IF
Magic Red Caspase 3/7 Kit IF
Mitochondrial Permeability Transition (MitoPT) Kits [JC-1] F / IF
Mitochondria Membrane Potential (MitoPT) Kits [TMRE/TMRM] F / IF
FLISP Serine Protease Assay Kit F / IF
オートファジー
(Autophagy)
Autophagy Assay Red Detection Kit F
Cathepsin B/K/L Kits [Green/Red] F / IF
パイロトーシス
(Pyroptosis)
Pyroptosis FAM/660 Caspase-1 Kit F / IF
その他 抗体標識 ReadiLink Antibody Labeling Kit F / IF
LYNX Rapid & Rapid Plus Conjugation Kits F / IF / E / WB / C / P


C Immunostaining
(Frozen Sections)
E ELISA EM Electron Microscopy F Flow Cytometry
FN Functional Assay IC Immunocytochemistry IF Immunofluorescence IP Immunoprecipitation
P Immunostaining
(Paraffin Sections)
WB Western Blotting


製品情報トップに戻る

ピュア ブル

PureBlue Nuclear Staining Dye


PureBluは無駄な試薬の廃棄を減らし、必要な量だけを調製できるように小分け包装に工夫されています。 95% の純度製剤であり、 PureBlu DAPI は固定細胞にHoechst33342 は生細胞に適しています。 両試薬は UV 光源を使用するすべてのマルチカラーセルイメージングアプリケーションに使用することができます


製品特長

  • 秤量ステップが不要
  • 再懸濁時は 1-Step の希釈のみですぐに使用可能
  • 高純度製剤

PureBlu Dye Chemistry

PureBlu色素は真核細胞及び原核細胞のAT-richなDNA配列の副溝(minor groove)へ高い親和性を持って結合します。そして、UV領域の励起光によって励起され強い青色蛍光を発し、真核細胞の核が可視化されます。



動画情報

PureBlu DAPI Nuclear Staining Dye for Fixed Cells - A Fast Approach to Staining Nuclei

PureBlu Hoechst 33342 Nuclear Staining Dye for Live Cells - A Fast Approach to Staining Nuclei

Ordering Information


カタログ番号 品名
1351303 PureBlu DAPI Nuclear Staining Dye(50 μg x 5本)
1351304 PureBlu Hoechst 33342I Nuclear Staining Dye(56 μg x 5本)

サンプルに直接1~2滴入れるだけ!

リーディードロップ

ReadiDrop Cell Viability Assay


フローサイトメーターでソーティング・分析を行う際に、試薬をサンプルに1~2滴を加えるだけで簡単に細胞生存状態を評価することができます。ReadiDropアッセイは、死細胞除去のために最も一般的に使用される2種類の蛍光色素PIおよび7-AADをラインアップしています。

製品特長

  • セルソーティングに最適
    ReadiDropは防腐剤を含まないPBSに懸濁した状態で供給されます。
  • 室温で安定
    セルソーターもしくはお持ちのセルアナライザー等で簡単に使用でき保存も容易です。
  • 秤量・ピペッティング・希釈の必要なし
    すぐに使用できるようにReadiDrop溶液は終濃度1μg/mlに調製されています。


簡単に細胞生存率を測定

フローサイトメトリー実験で死細胞除去は正確に結果を解釈する上で非常に重要です(右図)。 死細胞では細胞膜が崩壊することでPI及び7-AAD等の不浸透性色素が細胞内に取り込まれ染色されます。ReadiDrop細胞生存率アッセイを使用して、3ステップで簡単にサンプル細胞の生存率を評価することができます(右図)。


関連記事:

[Bioradiations] Assessing Cell Health: Viability and Proliferation

Tech Brief関連記事:セルバイオロジー実験の前に、まずは細胞の健康チェックから


バイオラッドTechnical Q&Aはこちら ▸

製品詳細はこちら


ReadiDrop によって簡単に死 細胞を識 別する ことができます。Jurkat 細胞の生 細胞と熱 殺 菌した混合サンプルをソーティング前に 1 分間ReadiDrop PI で染色した結果。

Ordering Information



カタログ番号 品名 Ex(nm) Em(nm)
1351101 ReadiDrop Propidium Iodide (3 ml X 3本) 538 617
1351102 ReadiDrop 7-AAD (3 ml X 3本) 548 648


製品情報トップに戻る

固定化処理対応の細胞生存率アッセイ!

ビバフィックス

VivaFix Cell Viability Assay


フローサイトメーターおよび顕微鏡下で哺乳類細胞の生存率を高感度に測定することができます。

製品特長

  • 死細胞と生細胞集団の最適分離を実現します
  • 細胞固定での測定にも対応します。
  • 色素の選択が難しいマルチカラー実験にも対応できる8つの異なる励起/蛍光波長からご選択頂けます。

VivaFix 細胞生存率アッセイ原理
A:VivaFix色素は生細胞表面に第一級アミンに結合する;
B:原形質膜が損なわれた死細胞では、VivaFix色素は細胞質内に浸透することができ、また、細胞質内の第一級アミンと反応する。 その結果、死細胞ではより多くの蛍光を発するため、生細胞と死細胞との間で蛍光強度の少なくとも100倍の差が生じることにより二つの集団の間で容易に識別が可能となります。

関連記事:

[Bioradiations] Assessing Cell Health: Viability and Proliferation

Tech Brief関連記事:セルバイオロジー実験の前に、まずは細胞の健康チェックから


バイオラッドTechnical Q&Aはこちら ▸

Ordering Information



カタログ番号 品名 Ex(nm) Em(nm)
1351111 VivaFix 353/442 Cell Viability Assay (200回分) 353 442
1351112 VivaFix 410/450 Cell Viability Assay (200回分) 410 450
1351113 VivaFix 408/512 Cell Viability Assay (200回分) 408 512
1351114 VivaFix 398/550 Cell Viability Assay (200回分) 398 550
1351115 VivaFix 498/521 Cell Viability Assay (200回分) 498 512
1351116 VivaFix 547/573 Cell Viability Assay (200回分) 547 573
1351117 VivaFix 583/603 Cell Viability Assay (200回分) 583 603
1351118 VivaFix 649/660 Cell Viability Assay (200回分) 649 660


製品情報トップに戻る

アラマーブルー

alamarBlue


細胞生存率、細胞増殖を評価するための迅速で簡単な信頼できる試薬です。 ヒト、動物細胞株、細菌および真菌類など様々な細胞における細胞増殖および細胞毒性を迅速かつ高感度に測定するように設計されています。

製品特長

  • シンプル:Ready-to-useでのご提供のため、試薬を加えて、測定するだけです。
  • 柔軟性の高い測定系:吸光度測定・蛍光測定の両方に対応
  • 安全性:細胞への毒性がなく、使用者や環境にもやさしい
  • 実績:PubMed上で数千の論文実績
  • 安全性:拡張性:ハイスループットアッセイのためのスケールアップが容易です。
  • 高感度:わずか50個の細胞を検出することができます。
  • 高い安定性:独自の緩衝液添加剤により経時的(Time course)測定に最適です。
  • 経済性:細胞溶解不要なため、測定した細胞は培養を継続することができ、また別のアッセイに使用することができます。
  • 他の細胞生存率アッセイよりも優れています:alamarBlueはMTTアッセイと比較して高感度です。(注)

サイトトラック

CytoTrack Cell Proliferation Assay Kits


生細胞を効率的に染色するように設計されています。独自の化学反応により、 色素は第一級アミンと反応するため、細胞外への色素の流出を最小限に止め、 多くの色素が細胞内に保持されることにより、最大10世代の細胞分裂を分離検 出することが可能になります。

製品特長

  • 最大10世代までの分解能-0世代と1世代の間の色素流出を抑制して、高分解を実現
  • 時間を節約-直接培養液中にCytoTrack色素を添加可能
  • 試薬が無駄になりません- 使用する必要分だけをバイアルに小分け包装
  • マルチカラーのサイトメトリー実験の組み込みに最適- BlueからFar redまでの4つの異なる蛍光波長色素をラインアップ


CytoTrackの優れた解像度
CFDA-SE(B)に比べて CytoTrack Green 511/525(A)を用いた場合には 10世代細胞の優れた解像度を示します。



関連記事:

[Bioradiations] Assessing Cell Health: Viability and Proliferation

Tech Brief関連記事:セルバイオロジー実験の前に、まずは細胞の健康チェックから



Ordering Information


カタログ番号 品名 Ex(nm) Em(nm)
1351201 CFDA-SE ASSAY(100 μg x 5) 492 517
1351202 CytoTrack BLUE Cell Proliferation Assay (200回分) 403 454
1351203 CytoTrack GREEN Cell Proliferation Assay (200回分) 511 525
1351204 CytoTrack YELLOW Cell Proliferation Assay (200回分) 542 556
1351205 CytoTrack RED Cell Proliferation Assay (200回分) 628 643


製品情報トップに戻る

細胞増殖マーカー抗体


細胞増殖は、 Ki-67、 PCNA(proliferating cell nuclear antigen)およびMCM2(minichromosome maintenance 2)のような増殖マーカーのタンパク質を抗体によって、細胞周期特異的に検出することができます。


バイオ・ラッド独自技術によって開発された組換えKi67抗体

バイオ・ラッドのKi67抗体は、ファージディスプレイ技術(HuCALテクノロジー)により開発されています。抗体分子内には予め2種類のエピトープタグが挿入されています*。
二次抗体は酵素もしくは蛍光標識エピトープタグ抗体を使用することで、マウスonマウス実験での非特異的シグナルを解消できます。

*HuCALテクノロジーで開発した組換え抗体すべてにエピトープタグが挿入されているわけではありません。タグの種類も製品により異なりますので、製品データシートでご確認ください。


細胞周期模式図
Ki67はG1期、S期、G2期およびM期に発現する。PCNAはG1からG2まで存在します。 MCM2はG1の複製には重要であり、BrdU法はS期の複製細胞を認識します。

HuCAL抗Ki-67二価Fab抗体(HCA006、緑色)を用 い た 、M C F - 7 乳 癌 細 胞 の 染 色 体。 核をHoechst(青色)、F-アクチンをファロイジン(赤色)で対比染色した。

ウサギ抗MCM2抗体(AHP2404)を2μg/ mlで使用したホルマリン固定パラフィン包埋ヒト結腸腺癌の免疫蛍光染色。 二次抗体として、ヒツジ抗ウサギIgGDyLight®549結合抗体(STAR36D549)を使用しました。 マウス抗ヒトサイトケラチン18(MCA1864H)で共染色を行いました。 二次抗体として、ヤギ抗マウスIgG(H / L)DyLight®488コンジュゲート抗体(STAR117D488)を使用しました。

Leumoperm(BUF09)とメタノールで透過処理したマウス抗PCNA:FITC(MCA1558F)によるKM-H2細胞の染色。

増殖マーカー名 細胞周期中の発現時期 機能
G0 G1 S G2 M
Ki-67 無発現 低発現 低発現 発現増加 最大発現 主に、有糸分裂中のクロマチン凝縮に関与する。
MCM2 無発現 早期に
高発現
中庸発現 中庸発現 中庸発現 DNA複製を開始する前複製複合体の一部を形成する。親DNAの巻き戻しに関与する
PCNA 低/無発現 後期に
高発現
高発現 発現低下 発現低下 DNA複製および修復、クロマチンリモデリング、染色体分離、および細胞周期の進行に関与する。


真核細胞の細胞周期を理解する(英語):Mini-review: Understanding the Eukaryotic Cell Cycle


製品情報トップに戻る

抗BrdU抗体



チミジンアナログ5'-ブロモ-2'-デオキシウリジン(BrdU)の組み込みは、植物から哺乳動物細胞に至るまで、さまざまな種の細胞増殖率を決定するための一般的なアッセイとして確立されています(Cecchini et al。2012、Nagar et al。2002)。BrdUはチミジン類似体であり、細胞培養培地に添加されたときにチミジンの代わりに増殖細胞の新たに合成されたDNAに組み込まれます。

組み込まれたBrdUは、マウス抗BrdU抗体、クローンBu20a(MCA2483)、ウサギ抗BrdU抗体(AHP2405)などの抗BrdU抗体で簡単に検出できます。ただし、染色を成功させるには、組み込まれたBrdUに抗体がアクセスできるようにDNA変性ステップを含めることが重要です。この目的のために、塩酸などの酸がよく使用されます。銅イオン、熱、ヌクレアーゼ、水酸化ナトリウムによる処理も報告されています(Liboska et al。2012、Kennedy et al。2000)。

BrdUの検出は、通常、トータルDNA染色と組み合わせて行われます。細胞周期分析を行う場合、ヨウ化プロピジウム(PI)がDNA染色に最適です。

BrdUの検出は、通常、トータルDNA染色と組み合わせて行われます。 細胞周期分析を実行するとき、ヨウ化プロピジウム(PI)は選択するDNA染色になる傾向があります。

関連記事:

[Bioradiations] Assessing Cell Health: Viability and Proliferation

BrdU : Re-Discover the Lab Favorite for Cell Proliferation Analysis

Anti-BrdU Antibodies : A Widely Referenced Tool for Measuring Cell Proliferation

Applications of BrdU Antibodies

Protocols : BrdU Labeling and Anti-BrdU Antibody Stainings

Tech Brief関連記事:セルバイオロジー実験の前に、まずは細胞の健康チェックから



細胞分裂の解析にBrdUを用いる場合の実践的なポイント




HeLa細胞を10μgのBrdUで1時間処理(B)と未処理(A)。 細胞をマウス抗BrdU抗体、クローンBu20a(MCA2483)(赤)およびウサギ抗GAPDH抗体(AHP1628)(緑)で染色した。 PureBlu™DAPI Nuclear Staining Dye(1351303)を核対比染色剤として使用。





マウス抗BrdU抗体、クローンBU20a(MCA2483)で1/100希釈で4℃で一晩染色したBrdU標識ヒトリンパ腫細胞。 二次抗体として、FITC結合ヤギ抗マウスIgG(H / L)(STAR117F)を1/50希釈で使用しました。 ReadiDrop™Propidium Iodide(1351101)にて全DNA染色。

Ordering Information


カタログ番号 品名 クローン 用途
HCA322 Human anti BrdU (0.1 mg) AbD33758kd F
HCA320 Human anti BrdU (0.1 mg) AbD33758kg F / IF
HCA323 Human anti BrdU (0.1 mg) AbD33761kd F / IF
HCA321 Human anti BrdU (0.1 mg) AbD33761kg F
MCA2483 Mouse anti BrdU (0.2 mg) Bu20a C / P / F / IC
MCA2483GA Mouse anti BrdU (0.1 mg) Bu20a C / P / F / IC
MCA2483FA Mouse anti BrdU (50 μg) Bu20a F
MCA2483T Mouse anti BrdU (20 μg) Bu20a C / P / F / IC
AHP2405 Mouse anti BrdU (50 μg) C / P / F / IC
MCA6143 Rat anti BrdU (0.1 mg) RF04-2 F
MCA6144 Rat anti BrdU (0.1 mg) RF06 IF


製品情報トップに戻る

細胞死/RCD(Regulated Cell Death)関連試薬 - アポトーシス (Apoptosis)


アポトーシスは、損傷した細胞や古い細胞を除去するために不可欠であり、生物の発生、組織の恒常性、感染細胞や形質転換細胞の宿主防御に関与しています。 抑制されたアポトーシスのシグナル伝達は、がん細胞の特性として説明されています。

バイオ・ラッドでは、すべての主要なアポトーシス経路の研究に適した数百の抗体と優れたアポトーシス検出キットを提供しています。

アポトーシスの4段階
アポトーシスイベントとそれらを検出する方法を説明するために、アポトーシスを4段階に誘導する経路図を作成しました:①誘導(Induction)、②初期段階(Early Phase)、③中期(Mid Phase)、④後期(Late Phase)。  上図は、アポトーシスシグナル伝達の正確な図ではなく、アポトーシスの段階を簡略化した用語で示し、プロセスの研究とその研究に使用される方法の識別を容易にする有用なリソースです。  この経路は、2つの異なるタイプのアポトーシスも区別します。DNA損傷などの内部刺激に応答してミトコンドリアによって媒介される内因性経路と、細胞外死受容体によって媒介される外因性経路(たとえば、FasLのCD95への結合)を示しています。


「アポトーシスの4段階」をダウンロード

Apoptosis Overview

アポトーシスのさまざまな段階と、各段階の研究に利用できる抗体と試薬について説明した動画をご覧ください。



関連記事:

[Bioradiations]: Assessing Cell Health: Apoptosis

Regulated Cell Death Overview

Apoptosis : Overview

Apoptosis Antibodies and Kits

[PDF]: Kits and Reagents For Studying Apoptosis

Tech Brief関連記事:アポトーシスを捉えるあの手この手



細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ①誘導期(Induction of Apoptosis)



アポトーシスの誘導は、アポトーシスが開始される経路(内因性または外因性)に応じて、いくつかの経路によって引き起こされます。細胞株では、下図の左側に示すように、細胞培地からの成長因子サプリメントの除去、UV光への曝露、または細胞に他のストレスのかかる状態を加えることによって、固有のアポトーシスを誘発できます。 外因性アポトーシスは、腫瘍壊死因子(TNF)アルファまたはTNF関連アポトーシス誘導リガンド(TRAIL)などの特定のサイトカインを添加することにより、細胞株で活性化できます。ここでは、アポトーシスの誘導に重要ないくつかの重要な要素を調べます。



アポトーシスの誘導
2つのアポトーシス経路の1つがアクティブになります。 固有のアポトーシスは、細胞内の内部DNA損傷によって活性化されます。 このDNA損傷の潜在的な原因は、UV光と活性酸素種です。 外因性アポトーシスは、リガンドが「死の受容体」に結合することによって活性化されます。

外因性経路 (Extrinsic Pathway)


外因性経路は、上図に示すように、いわゆる「細胞死受容体」(DR:Death Receptor)、たとえばCD95、DR3 / 4/5へのリガンドの結合によってトリガーされます。細胞死受容体CD120a、CD95、およびDR3、DR4と呼ばれるTRAIL受容体、DR5およびDR6は、TNF受容体スーパーファミリーの下にグループ化されます。このファミリーには、リガンドであるTWEAK(CD255)と相互作用するTWEAK(アポトーシスのTNFのような弱い誘導因子)受容体(CD266 / Fn14)も含まれます。



Ordering Information


カタログ番号 抗原 クローン 用途 交差種 標識
MCA1539 CD95 LOB 3/17 FC, IP Human Pur., FITC, PE, A647
AHP2306 CD95 Polyclonal WB, IHC-P Human Pur.
MCA2408 CD178 10F2 E, FC, FN,IP Human Pur., LE
MCA2409 CD178 14C2 FC, E, IP Human Pur., PE, A488, A647
MCA2896 CD120a HM104 FC Mouse RPE
MCA1340 CD120a H398 FC, E, FN Human, rabbit Pur.,FITC, RPE, A647
0100-0288 CD120b 22221 IHC-F, E, FN, WB Human Pur.
AHP1833 CD120b Polyclonal E, FN, IF/ICC, WB Human Pur.
VPA00343 CD120b Polyclonal WB Human Pur.
AHP435 DR3 Polyclonal WB Human Pur.
AHP437 DR3 Polyclonal IHC-F, WB Human, Mouse Pur.
AHP438 CD261 Polyclonal WB Human Pur.
AHP439 CD261 Polyclonal IHC-F, WB Human Pur.
MCA2332 CD261 DR-4-02 FC, IP Human Pur., A488
AHP488 CD262 Polyclonal IHC-F, WB Human Pur.
AHP1806 CD262 Polyclonal E, FC, ICH-P Human, Mouse Pur.
MCA4638T CD262 DJR2-4 FC, IF/ICC Human Pur.
MCA2333 CD358 DR-6-04-EC FC, IP Human Pur.
MCA4699 CD266 ITEM-4 IHC-F, FC, WB Human Pur., FITC, RPE, A488, A647

アポトーシス誘導期(英文):Apoptosis: Induction Phase of Apoptosis



グランザイム媒介アポトーシスの誘導

ウイルス感染細胞および原発腫瘍細胞のアポトーシスは、細胞質性細胞溶解顆粒からのパーフォリンおよびグランザイムの放出を介して、細胞傷害性Tリンパ球(CTL)によって誘導される可能性があります。 グランザイム(相同性の高いセリンプロテアーゼ)は、アミノ末端ジペプチドの切断により活性化されます。 下表はグランザイムに対する抗体の一覧です。



Ordering Information


カタログ番号 抗原 クローン 用途 交差種 標識
MCA2117 Granzyme A GA6 IHC-P, WB Human RPE
MCA2119B Granzyme B GB10 E Human B
MCA2120 Granzyme B GB11 IHC-P, E, FC, IP Human Pur.
MCA2118 Granzyme B GB7 IHC-P, WB Human Pur.


アポトーシス研究のための高品質グランザイム抗体(英文):High quality Granzyme Antibodies for Apoptosis Research

製品情報トップに戻る

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ②初期 (Early Phase)


アポトーシスシグナル伝達の初期段階には、シグナル伝達分子の複雑なカスケードが含まれ、下図は簡略化されていますが、外因性経路と内因性経路の両方で最も重要な要因を示しています。

初期のアポトーシスシグナル伝達は、死受容体の下流のシグナル伝達分子の活性化および/またはBcl-2経路のアポトーシス促進性メンバーの活性化に焦点を当てています。 アポトーシスの初期イベントを検出することで、アポトーシスが誘導された経路(外因性または内因性)を特定できます。 初期段階ではアポトーシスの目に見える兆候はありませんが、細胞シグナル伝達イベントには、翻訳後修飾(PTM)とシグナル伝達複合体のアセンブリが含まれます。 そのため、従来のウエスタンブロッティングは通常、アポトーシスの初期段階のプロテオミクス変化を研究するための最良のオプションを提供します。

Bcl-2ファミリー

Bcl-2ファミリーのメンバーは、さまざまな数のBcl-2ホモロジー(BH)ドメインを共有しています。 Bcl-2ファミリーはアポトーシスの調節に深く関わっています。 それらの相互作用はミトコンドリア膜の透過性を制御します。 ミトコンドリア膜の完全性の喪失は、アポトーシスの重要なステップです。 Bcl-2ファミリーは、アポトーシスを促進または阻害できるメンバーで構成されています。

target
Bcl-2 Bcl-2はBcl-2ファミリーの創設メンバーであり、アポトーシスの抑制因子として機能します。 Bcl-2は、ユビキタスに発現するミトコンドリア膜タンパク質で、BAXとBAKを隔離することでアポトーシス死を抑制します。
BAD BADは、Bcl-2タンパク質ファミリーのBH3のみのプロアポトーシスメンバーです。 BADはアポトーシス促進性であり、アポトーシスのシグナル伝達におけるその正確な役割は、BADの翻訳後修飾状態に依存します。 非リン酸化BADは、2つの抗アポトーシスBcl-2タンパク質ファミリーのメンバー、Bcl-xLおよびBcl-2とヘテロダイマーを形成します(Zha et al。1996)。 BADとBcl-xLの結合は、Bcl-xLの抗アポトーシス機能を阻害することによりアポトーシスを促進します(Yang et al。1995)。 セリンがリン酸化されると、BADはBcl-xLとヘテロ二量体化できなくなります(Masters et al。2001)。 この結合は細胞質にBADを保持し、それによってBcl-xLがアポトーシスを抑制することを可能にします(Zha et al。1996)。
BAK BAKはBAXと同様のプロアポトーシスマルチドメインエフェクターファミリーメンバーであり、BAXとはかなりの相同性を共有すると考えられています。 Mcl-1およびBcl-xLは非アポトーシス細胞のBAKを隔離します。 アポトーシスの開始に続いて、NOXAとBADはBAKを遊離させ、ミトコンドリアの外膜の透過性を高め、アポトーシス促進因子を放出します。
BAX BAX-2様タンパク質4またはBcl-2関連Xタンパク質としても知られるBAXは、プロアポトーシスマルチドメインエフェクターファミリーのメンバーです。 アポトーシスの誘導後、BAXはミトコンドリアに移動し、MOMPを誘導します(GiansantiおよびScovassi 2008)。
target
NOXA NOXAは、Bcl-2タンパク質ファミリーのBH3のみのプロアポトーシスメンバーです。 NOXAはミトコンドリアに局在し、p73とp53の転写標的です。 NOXAは、アポトーシス抑制タンパク質Bcl-2ファミリーメンバーから、アポトーシス促進タンパク質BAK、およびBIMを置き換え、それにより、細胞生存よりもアポトーシスを促進します。 NOXAは、p53とは無関係に上方制御することもできます。
PUMA Bcl-2結合コンポーネント3またはJFY-1としても知られるPUMAは、Bcl-2ホモロジー3(BH3)のみのタンパク質ファミリーのメンバーであり、その発現はp53腫瘍抑制タンパク質によって調節されています。 ストレスとDNA損傷に応答して、p53結合はPUMA転写を引き起こします。 PUMAは、ミトコンドリアのシグナル伝達と、Bcl-xLおよびBcl-2と他の抗アポトーシス性タンパク質との相互作用を介して、アポトーシスのトリガーとして機能します。
BID BIDは、アゴニストBAXまたはアンタゴニストBcl-2を含むBcl-2ファミリーの他のメンバーとヘテロ二量体化するアポトーシス促進分子です。 BIDには、Bcl-2ファミリータンパク質との相互作用およびアポトーシス促進活性に必要なBH3ドメインが含まれています。 BIDは切断され、短縮型BID(tBID)と呼ばれる短いアクティブフォームを生成します。 tBIDはミトコンドリアに移動し、そこで内因性経路が活性化されます。

アポトーシス:初期(英文):Apoptosis: Early Phase of Apoptosis

製品情報トップに戻る

ピーシバ

pSIVA Real-Time Apoptosis Kit

製品特長

  • タイムラプス-ライブセルイメージングに最適:リアルタイムでアポトーシスを視覚化することができます。
  • バックグラウンドが低く、洗浄が不要: 従来法(Annexin V-FITC)などに比べ低バックグラウンドかつ洗浄が不要。
  • 早期アポトーシスから観察可能: 可逆的な早期アポトーシスから観察可能であり、キットに含まれるPIにより後期アポトーシス(死細胞)との識別も可能。
  • 既存の蛍光顕微鏡やZOE蛍光セルイメージャーとの互換性: IANBD色素(Ex:488 nm/Em:530 nm)はFITCフィルターセットで簡単に検出することができます。
  • アポトーシス初期からの観察に最適: 一時的かつ可逆的なアポトーシスイベントを観察できます。

pSIVA によるアポトーシス細胞の検出例
1x105 cell/mlのHeLa細胞にアポトーシス誘導剤であるスタウロスポリン添加(左図下段)と、未添加(左図上段)で比較しました。 pSIVA Real-Time Apotosis Fluorescent Microscopyキットを培地に添加し、0分、60分、120分および270分の時点でZOE蛍光セルイメージャーで各サンプルを画像化しました。画像は、赤と緑の蛍光チャネルの重ねあわせ画像です。初期アポトーシス細胞はpSIVA-IANBDで緑色に染色され、後期アポトーシス/死細胞を ヨウ化プロピジウム(PI)で染色し、赤色で示されています。

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ②初期 (Early Phase):細胞膜の非対称性の破綻

アネキシン ファイブ

Annexin V Kits

製品特長

  • ホスファチジルセリンの転移を特異的に検出します。
  • 初期および後期アポトーシスを区別できます。
  • すべての哺乳類細胞で使用できます。
  • 様々な容量でご提供: 20テスト、50テストの試用サイズから大量に使用するための300テストサイズまでご用意してます。
  • 多色フローサイトメトリー実験に対応: マルチカラーフローサイトメトリー実験に対応するため、ビオチン、FITC、PE、APの標識をご用意しています。
  • 後期アポトーシス細胞/二次的ネクローシスと初期のアポトーシス細胞を区別をする細胞生存率試薬ヨウ化プロピジウム(PI)を含みます。
  • キットに含まれている標識されたアネキシンVは、アネキシンVのリン脂質結合特性が変化しないようにラベルされています。

(*)キットにはAnnexin V、ヨウ化プロピジウム(PI)、結合バッファーが含まれます。


J u r k a t 細 胞を、1 m M のスタウロスポリンで処理して、アポトーシスを誘導した。次いで、細胞をアネキシンV FITC(ANNEX300F)お よ びヨウ 化 プ ロ ピ ジ ウムで 染 色し た 。 Annexin V陽性のアポトーシス細胞は、右下の区画に見られ 、死細胞は、右上区画のAnnexinおよびPIの両方に陽性である。

関連記事:

[Bioradiations]: Assessing Cell Health: Apoptosis

[PDF]: Kits and Reagents For Studying Apoptosis

Tech Brief関連記事:アポトーシスを捉えるあの手この手



Annexin V Kits 一覧


Ordering Information


カタログ番号 品名
ANNEX20F ANNEXIN V : FITC Assay Kit (20 Test)
ANNEX100F ANNEXIN V : FITC Assay Kit (100 Test)
ANNEX300F ANNEXIN V : FITC Assay Kit (300 Test)
ANNEX50PE ANNEXIN V : PE Assay Kit (50 Test)
ANNEX200PE ANNEXIN V : PE Assay Kit (200 Test)
ANNEX50APC ANNEXIN V : APC Assay Kit (50 Test)
ANNEX200APC ANNEXIN V : APC Assay Kit (200 Test)
ANNEX20B ANNEXIN V : Biotin Assay Kit (20 Test)
ANNEX100B ANNEXIN V : Biotin Assay Kit (100 Test)

Annexin V:フローサイトメトリーによるアポトーシス検出(英文):Annexin V Kits: For the Detection of Apoptosis by Flow Cytometry


製品情報トップに戻る

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ②初期 (Early Phase):カスパーゼ活性

フリカ  カスパーゼ

FLICA Caspase Kits

蛍光顕微鏡、蛍光プレートリーダーまたはフローサイトメーターを用いて生細胞集団中の活性型カスパーゼを分析することができます。


製品特長

  • 細胞膜透過性があり、細胞毒性がない
  • 緑色(FAM)と赤色(Sulforhodamine)と遠赤色(660)の3種類の蛍光物質をラインアップ
    • FAM FLICA(Ex:495 nm/Em:520 nm)
    • SR FLICA(Ex:570 nm/Em:590 nm)
    • FLICA 660(Ex:660 nm/Em:760 nm)
  • 多色蛍光実験に最適:SR FLICAとFLICA660キットはGFPをトランスフェクションした細胞系でのカスパーゼ活性研究に活用できます。またフローサイトメトリーでの多色実験にも最適です。
  • 複数のカスパーゼも検出可能: 単一のカスパーゼを見たい場合にはカスパーゼごとのキットを、一般的なアポトーシスの検出には活性化カスパーゼ1,3,4,5,6,7,8,9に結合するPoly Caspaseキットをご用意しています。
  • 活性型カスパーゼに結合:FLICAは活性型カスパーゼのみに結合し、プロカスパーゼには干渉しません。
  • 死細胞検出も可能: カスパーゼ活性と共に、キットに含まれるHoechstとPIのいずれかまで二重染色することにより死細胞検出をすることが可能です。
  • 様々な機器に対応:FLICAは蛍光顕微鏡、フローサイトメーター、蛍光マイクロプレートリーダーを用いて測定することができます。
  • 様々なサンプルに対応: 哺乳動物、昆虫、酵母などを含む多くの種由来の浮遊細胞懸濁液、接着細胞、薄切組織切片(ただし固定、パラフィン包埋組織は除く)に適用できます。

FAM FLICAカスパーゼキットでアポトーシス細胞を染色(緑色)。核を対比染色(青色)。左側の細胞は右側の細胞よりも緑色の蛍光強度が強いことから、カスパーゼ活性が高いことを示している。

フローサイトメトリーでアポトーシスを測定するための活性型カスパーゼ染色
Jurkat細胞を1μMのスタウロスポリンで処理してアポトーシスを誘導した。 次に、細胞をFLICA 660 Caspase-3 / 7 Kit(ICT9125)とReadiDrop propidium iodide(1351101)で染色しました。 カスパーゼ陽性のアポトーシス細胞は右下の象限で見られ、死細胞はカスパーゼとPIの両方で陽性の右上の象限で見られます。 健康な細胞は両方の染色で陰性です。 ZE5セルアナライザーで取得したデータ

カスパーゼ 活性化するカスパーゼ カスパーゼ阻害剤
Caspase-2 Caspase-3 VDVAD-FMK
Caspase-3 Caspase-9 DEVD-FMK
Caspase-6 Caspase-3 VEID-FMK
Caspase-7 Caspase-9 DEVD-FMK
Caspase-8 Caspase-6/Death Receptor Domain LETD-FMK
Caspase-9 Apoptosome/APAF-1 LEHD-FMK
Caspase-10 Caspase-6 AEVD-FMK

(注) :FMKはフロオロメチルケトン (fluoromethylketone)の略称です。カスパーゼ認識配列への FMKの付加はカスパーゼの不可逆的結合及び普遍的な不活性化をもたらします。


関連記事:

[Bioradiations]: Assessing Cell Health: Apoptosis

[PDF]: Kits and Reagents For Studying Apoptosis

Apoptosis: Early Phase of Apoptosis

Analyze Active Caspases in Apoptotic Cells with our FLICA™ Kits

Caspase Antibodies & Kits: Mediators of Apoptosis

Tech Brief関連記事:アポトーシスを捉えるあの手この手





製品情報トップに戻る

マジック レッド カスパーゼ

Magic Red Caspase 3/7 Kits

Magic Red Caspase 3&7キットは、アポトーシス細胞の細胞内活性型カスパーゼを迅速かつ簡単に分析することができます。 Magic Red™Caspase 3&7キットは生細胞全体で活性型カスパーゼを検出することによってアポトーシスを測定します。本キットはカスパーゼ存在下で切断されて蛍光を発するようになる細胞透過性かつ非細胞傷害性の試薬です。


製品特長

  • 蛍光顕微鏡または黒色マイクロタイタープレートを使用する蛍光プレートリーダーで使用できます。
  • アポトーシス細胞では、赤色蛍光プローブMagic Redに連結されたカスパーゼ3/7により認知されるDEVD配列が切断され、赤色蛍光が増加します。
  • キットには核染色用のHoechst 33342(Ex:365 mm/Em:480 mm)と、リソソーム染色用のアクリジンオ レンジ(Ex:480 mm/Ex:540 mm)が付属しています。
  • 様々なサンプルに対応:哺乳動物、昆虫、酵母などを含む多くの種由来の浮遊細胞懸濁液、接着細胞、 薄切組織切片(ただし固定サンプル、パラフィン包埋組織は除く)に適用できます。

アポトーシス誘導剤スタウロスポリンにより処理されたTHP-1細胞をMagic Red Caspase 3/7 を用いて染色した像

Ordering Information


カスパーゼ テスト数 FAM FLICA SR FLICA
(Sulforhodamine)
Magic Red FLICA 660
励起(Excitation) - 495 nm 570 nm 592 nm 660 nm
蛍光(Emission) - 520 nm 590 nm 628 nm 760 nm
Poly Caspase Kit 25 Test ICT091 ICT916 ICT9120
100 Test ICT092 ICT917
Caspase-1 25 Test ICT097 ICT9122
100 Test ICT098
Caspase-2 25 Test ICT918
Caspase-3/7 25 Test ICT093 ICT935 ICT9125
100 Test ICT094 ICT936
Caspase-6 25 Test ICT095
100 Test ICT096
Caspase-8 25 Test ICT099
100 Test ICT910
Caspase-9 25 Test ICT912 ICT960
100 Test ICT913 ICT961
Caspase-10 100 Test ICT923

抗カスパーゼ抗体

カスパーゼに対するさまざまな抗体をさまざまなフォーマットで提供しています。 これらの抗体は、フローサイトメトリー、ウエスタンブロッティング、免疫蛍光、免疫組織化学、免疫沈降、ELISAなどのアプリケーションに使用できます。


抗PARP抗体

また、カスパーゼの基質であるPARP(Poly [ADP-ribose] polymerase)はカスパーゼにより切断されます。このPARPをウェスタンブロティング等で検出することにより、アポトーシス誘導を検出することもできます。


Ordering Information


カタログ番号 カスパーゼ クローン 用途 交差種 標識
AHP963 Caspase-1 Polyclonal P / WB Human Pur.
AHP1423 Caspase-2 Polyclonal P / WB Human Pur.
VMA00412 Caspase-3 PrecisionAb WB Human Pur.
AHP2717 Polyclonal P / WB Human Pur.
AHP2286 Polyclonal P / WB Human Pur.
AHP964 Caspase-4 Polyclonal P / WB Human Pur.
AHP965 Caspase-5 Polyclonal WB Human Pur.
AHP1788 Caspase-7 Polyclonal P / WB Human Pur.
AHP966 Polyclonal P / WB Human Pur.
MCA2739 Caspase-8 38006 E / WB Human Pur.
AHP967 Polyclonal WB Human Pur.
AHP492 Caspase-9 Polyclonal WB Human Pur.
AHP2288 Polyclonal IP / WB Human Pur.
AHP2419 Polyclonal WB Human Pur.
VPA00788 Caspase-10 PrecisionAb WB Human Pur.
AHP626 Caspase-12 Polyclonal P / WB Mouse Pur.
AHP1175 Caspase-14 Polyclonal WB Human Pur.
VMA00016 PARP PrecisionAb WB Human Pur.
AHP2727 Polyclonal WB Human Pur.
MCA1522G A6.4.12 C / E /IF / IP / P /WB Human Pur.
VPA00523 Polyclonal WB Human Pur.


製品情報トップに戻る

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ③中期 (Mid Phase)


アポトーシスの中期は、遊離したBcl-2ファミリーのメンバーであるBAK(Bcl-2 homologous antagonist killer)とBAX( Bcl-2 -associated x protein)、および活性型カスパーゼ8によって特徴付けられます。 下図は、ミトコンドリアと細胞膜、およびカスパーゼの活性化に対する大幅な変更を含む、アポトーシスの中期の要約です。 これらの分子事象の中で非常に重要なのは、アポトーシスへの細胞の不可逆的な関与を表すミトコンドリア膜の完全性の喪失です。 これらの細胞現象は、フローサイトメトリー、ウエスタンブロット、細胞イメージング技術など、いくつかのアプリケーションを使用して測定できます。



アポトーシス:中期(英文):Apoptosis: Mid Phase of Apoptosis

製品情報トップに戻る

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ③中期 (Mid Phase):ミトコンドリア膜電位

ミトピーティー

MitoPT JC-1,TMRE&TMRM Kits

これらの色素は親油性であり、非局在化した正の電荷を持っているため、細胞や負に帯電した健康なミトコンドリアに入ることができます。 非アポトーシスミトコンドリアでは、色素が凝集し、明るく蛍光を発します。 アポトーシスが発生してミトコンドリア膜電位が崩壊すると、色素が細胞全体に分散し、蛍光が減少する(MitoPT™TMREおよびTMRMキット)か、色が変化します(MitoPT™JC-1キット)。この蛍光の変化により、非アポトーシス細胞とアポトーシス細胞を簡単に区別でき、フローサイトメーター、蛍光顕微鏡、または蛍光プレートリーダーで検出することができます。

  • 選択肢– MitoPT™JC-1、TMREおよびTMRMキット
  • 迅速で簡単な染色法により、非アポトーシス細胞とアポトーシス細胞を明確に区別
  • MitoPT™TMRE&TMRMキット-シングルセルでマルチパラメトリック分析に最適
  • フローサイトメトリー、蛍光顕微鏡、プレートリーダーに最適

アポトーシスの初期の兆候には、ミトコンドリア膜を横切る電気化学的勾配の崩壊が含まれます。 これは、透過性遷移(PT:permeability transition)孔の開口部によって媒介され、ミトコンドリアPTイベントとして知られており、ミトコンドリア膜電位の変化として測定することができます。 ミトコンドリア膜電位の損失は、3つの蛍光カチオン色素によって検出できます。

  • 5,5’,6,6’-tetrachloro-1,1’,3,3’-tetraethylbenzimidazolocarbocyanine iodide (JC-1)
  • Tetramethylrhodamine ethyl ester (TMRE)
  • Tetramethylrhodamine methyl ester (TMRM)

JC-1により可視化したミトコンドリア膜電位の喪失Jurkat細胞をMitoPT JC-1(ICT944)で染色し、蛍光顕微鏡で観察した。非アポトーシス細胞(上)ではミトコンドリアは赤く染色されている。中期から後期のアポトーシス細胞(下)は緑色の蛍光を示している。

Ordering Information


カタログ番号 品名 蛍光物質 非アポトーシス細胞 アポトーシス細胞
ICT943 Mitochondrial Permeability Transition Kit JC-1 赤色発光
(ミトコンドリア)
緑色発光
(細胞質)
ICT944
ICT946 Mitochondrial Membrane Potential Kit TMRE オレンジ発光
(ミトコンドリア)
弱オレンジ発光
(細胞質)
ICT948 TMRM オレンジ発光
(ミトコンドリア)
弱オレンジ発光
(細胞質)


MitoPT JC-1/TMRE,TMRMキット(英文):MitoPT JC-1, TMRE and TMRM Kits

製品情報トップに戻る

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ③中期 (Mid Phase):Cytochrome c /APAF / Endo G 抗体


チトクロームc(Cytochrome c)は、ミトコンドリア内膜にある小さなヘモタンパク質で、電子伝達系の不可欠なコンポーネントです。アポトーシスの状態では、シトクロムcはミトコンドリアの内膜から分離し、外膜の孔を通って細胞質に移動します。放出されたシトクロムcはカスパーゼ9を活性化し、次にエフェクターカスパーゼを活性化します。

APAF-1(Apoptosis Protease-Activating Factor-1)は、内因性アポトーシス経路の重要なタンパク質です。 APAF-1には、カスパーゼ補充ドメインを含むいくつかの機能ドメインが含まれています。非アポトーシス条件下では、APAF-1は不活性な単量体状態です。チトクロームcに結合すると、APAF-1は、カスパーゼ9およびエフェクターカスパーゼの活性化につながるアポトソーム(Apoptosome)形成の一部としてオリゴマー化します。

Endo G(endonuclease G)は、ニワトリ赤血球の核抽出物で最初に同定された30 kDaのタンパク質で、ミトコンドリアの膜間スペースに位置するヌクレアーゼです。哺乳類細胞でのその後の研究により、Endo Gはアポトーシス中に核に移動し、そこでクロマチンとDNAを切断することが確認されました。 Endo Gは、アポトーシスを誘導できるカスパーゼ非依存経路の一部を形成しています。



Ordering Information


カタログ番号 抗原 クローン 用途 交差種 標識
MCA2740 Cytochrome C 2G8 E / F Human Pur.
AHP2304 Polyclonal WB Bovine Pur.
AHP2302 Polyclonal IP / WB Rat Pur.
AHP2303 Polyclonal WB Rat Pur.
AHP487 APAF-1 2G8 P/WB Human Pur.
AHP730 Endo G 2G8 P/WB Human Pur.


製品情報トップに戻る

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ③中期 (Mid Phase):アポトーシス阻害剤


アポトーシスの阻害剤

アポトーシスタンパク質阻害剤(IAP: Inhibitors of Apoptosis)は、主にカスパーゼの調節で知られている高度に保存されたタンパク質のクラスです。 IAPは、バキュロウイルスIAPリピート(BIR)ドメインとして知られる保存された配列の存在によって特徴付けられます。 BIRドメインは、亜鉛イオンを調整するタンパク質間相互作用モチーフです。 IAPは高度に保存されており、バキュロウイルスゲノムの遺伝子スクリーニングで、宿主のプログラムされた細胞死機構の阻害剤として発見されたため、IAPと呼ばれています。 下表に、8つの哺乳類IAPを示します。

IAPは、主にカスパーゼ3およびカスパーゼ9との抑制的相互作用を介してアポトーシスを調節します。 BIRC4(XIAP)の場合、この阻害には、アポトーシスによるカスパーゼ9の活性化の防止と、カスパーゼ3の直接阻害が含まれます。



Ordering Information


カタログ番号 IAPs 別称 クローン 用途 交差種 標識
- BIRC1 Neuronal IAP/NAIP -
VMA00532 BIRC2 Cellular IAP1/cIAP1 /HIAP2 PrecisionAb WB Human Pur.
AHP2456 Polyclonal P/WB Human Pur.
- BRIC3 Cellular IAP2/cIAP2 /HIAP1 -
VPA00699 BIRC4 X-linked IAP/XIAP/hILP Polyclonal WB Human Pur.
AHP2363 Polyclonal WB Human Pur.
AHP937 Polyclonal P/WB Human Pur.
MCA4782Z BIRC5 Survivin 5B10 IF/WB Human Pur.
AHP2075 Polyclonal E/WB Human Pur.
- BRIC6 BIR containing ubiquitin conjugating enzyme /BRUCE / Apollon -
AHP648 BIRC7 Melanoma IAP /ML-IAP/Livin Polyclonal E/WB Human Pur.
AHP731 BIRC8 IAP-like protein 2 /hILP2/Ts-IAP Polyclonal WB Human Pur.


製品情報トップに戻る

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ③中期 (Mid Phase):セリンプロテアーゼ検出キット

フリスプ  セリン  プロテアーゼ

FLISP Serine Protease Kits

セリンプロテアーゼ蛍光標識阻害剤(FLISP:Fluorescent Labeled Inhibitors of Serine Protease)キットは、生細胞におけるセリンプロテアーゼの細胞内キモトリプシン様活性検出を可能にします。 カスパーゼの下流で活性化されると考えられていますが、セリンプロテアーゼはアポトーシス細胞でより活性化されるため、アポトーシスの一般的なレベルを検出する方法として使用できます。 キットには、細胞内の活性セリンプロテアーゼに共有結合するFAM標識阻害プローブが含まれています。 使用するプローブに応じて、異なるセリンプロテアーゼを検出できます。


製品特長

  • 細胞膜透過性があり、細胞毒性がない:染色後の細胞をインキュベートすることで30分〜数時間の時系列データを取得可能
  • 一般的な緑色蛍光物質で検出可能:最も一般的な緑色蛍光色素であるFAM (Ex:488 nm/Em:520 nm)を採用。
  • ライブセルイメージングが可能:細胞を溶解、透過処理せず検出可能です。すぐに観察しない場合、付属の固定液が使用できます。
  • 死細胞検出も可能:セリンプロテアーゼ活性と共に、 キットに含まれるHoechst 33342とヨウ化プロピジウム(PI)のいずれかで二重染色することにより死細胞検出をすることが可能です。
  • カスパーゼキットとの二重染色が可能:SR FLICAキット(ICT917など)やFLICA660キット(ICT9120など)と一緒に使用することで、カスパーゼとセリンプロテアーゼを同時に検出することが可能です。
  • 様々な機器に対応:蛍光顕微鏡、フローサイトメーターを用いて測定することができます。


フローサイトメトリーによる活性キモトリプシン様セリンプロテアーゼ活性測定
Jurkat細胞を、1mMスタウロスポリンで処理して、アポトーシスを誘導した。次に、ヨウ化プロピジウムを含むFLISP FAM-Phe-DAPセリンプロテアーゼアッセイキット(APO009)を用いて細胞を染色した。セリンプロテアーゼ活性について陽性であるアポトーシス細胞は、右下の象限に見られ、死滅した細胞は、右上の象限においてセリンプロテアーゼおよびPIについて陽性であった。正常細胞は両染色で陰性であった。 検出はZE5™ Cell Analyzerで行った。



関連記事:

[Bioradiations]: Assessing Cell Health: Apoptosis

[PDF]: Kits and Reagents For Studying Apoptosis

Apoptosis: Mid Phase of Apoptosis

FLISP Serine Protease Detection Kits

Tech Brief関連記事:アポトーシスを捉えるあの手この手





Ordering Information


カタログ番号 品名
APO006 FLISP FAM-Phe-CMK Serine Protease Assay Kit (25 Test)
APO007 FLISP FAM-Leu-CMK Serine Protease Assay Kit (25 Test)
APO008 FLISP FAM-Leu-DAP Serine Protease Assay Kit (25 Test)
APO009 FLISP FAM-Phe-DAP Serine Protease Assay Kit (25 Test)


製品情報トップに戻る

細胞死/関連試薬 - アポトーシス  ④後期 (Late Phase)


アポトーシス後期には、内因性経路と外因性経路が融合します。 アポトーシス後期は、核凝縮(核濃縮)の完了時に始まるDNA断片化(核分裂症)を特徴とします。 それは、カスパーゼ依存経路と独立経路の両方によって媒介されます。 後期には、形態学的および表現型の大きな変化も起こります。 これらの変化と関連する分子イベントは、フローサイトメトリー、ウエスタンブロット、イメージング技術を含むいくつかのアプリケーションで研究できます。アポトーシス後期には、内因性経路と外因性経路が融合します。 アポトーシス後期は、核凝縮(核濃縮)の完了時に始まるDNA断片化(核分裂症)を特徴とします。 それは、カスパーゼ依存経路と独立経路の両方によって媒介されます。 後期には、形態学的および表現型の大きな変化も起こります。 これらの変化と関連する分子イベントは、フローサイトメトリー、ウエスタンブロット、イメージング技術を含むいくつかのアプリケーションで研究できます。


アポトーシス後期。 エフェクターカスパーゼ(caspase-3およびcaspase-7)は、DNA断片化因子40(DFF40)などのカスパーゼ活性化DNAase(CAD:Caspase Activated DNAases)を活性化します。 エンドヌクレアーゼG(Endo G)は核に移動し、DNAを切断します。 カスパーゼ3によるポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ1(PARP-1)の切断は、DNA損傷を修復する能力を阻害します。 エフェクターカスパーゼは、Rho関連キナーゼ(ROCK)も活性化し、細胞の収縮と膜のブレブを引き起こします。



関連記事(英語):

[Bioradiations]: Assessing Cell Health: Apoptosis

[PDF]: Kits and Reagents For Studying Apoptosis

Apoptosis: Late Phase of Apoptosis

Tech Brief関連記事:アポトーシスを捉えるあの手この手



Ordering Information


カタログ番号 抗原 クローン 用途 交差種 標識
VPA00636 CAD Polyclonal WB Human Pur.
AHP2459 DFF-45 Polyclonal P/WB Human Pur.
AHP730 Endo G Polyclonal P/WB Human Pur.


製品情報トップに戻る

細胞死/RCD(Regulated Cell Death)関連試薬 - オートファジー (Autophagy)


進化的に保存されたオートファジープロセスは、ATG遺伝子産物の発見とオートファジーと加齢、さらにはヒトの疾患との関連性を伴う新たな研究関心の下にあります。 プログラムされた細胞死と細胞周期の進行におけるオートファジーの示唆された役割は、オートファジーのメカニズムとその制御のさらなる解明とともに研究中です。

上流イベント、オートファジー経路、およびリソソーム検出の研究のために、多くの一般的なアプリケーションで使用できる、オートファジー関連の抗体とカテプシン検出キット製品を提供しています。


オートファジーの3つの主要経路


マクロオートファジー(Macroautophagy)は最も研究が進んでおり、、大量の細胞質を分解することができ、オートファジーに特化した小器官であるオートファゴソームを介する。マクロオートファジーは、隔離膜形成部位(PAS:phagophore assembly site)の形成に始まり、Unc51様キナーゼ(Ulk)複合体の形成がオートファゴソームの形成を開始させる(上図)。その後、Ulk複合体がbeclin-1、Vps15、Vps34およびAtg14から構成されるクラスIII PI3K複合体と相互作用して隔離膜を形成するという核形成の段階に至る。核形成の後、隔離膜が伸長してオートファゴソームが形成される。この段階で、Atg12/5/16複合体の動員によって、ホスファチジルエタノールアミン(PE)とオートファゴソーム膜の唯一の既知のマーカーであるLC3(酵母中のAtg8)の結合が容易になる。PE-LC3はオートファジーのいくつかの重要な段階、すなわちオートファジー膜の伸長、オートファジーカーゴの認識およびオートリソソームの形成で必要となる。この全プロセスは、Beclin-1を含む30を超えるオートファジー関連遺伝子(Atgタンパク質)、リソソーム関連膜タンパク質(Lamp-1およびLamp-2)および微小管関連タンパク質1A/1B軽鎖3A/B(MAP1LC3A/BまたはLC3)によって指揮され、これらはオートファジーの一般的なマーカーでもある。マクロオートファジーの最終段階では、完全に形成されたオートファゴソームがリソソームと融合して、分解のためのカーゴを提供する。

ミクロオートファジー(Microautophagy)は、リソソーム膜を内側に陥入させて分解標的をリソソームに導き、その中で少量の細胞質を分解するものである。このプロセスはほとんど解明されていないが、陥入の役割を担うダイナミン関連GTPase Vps1pなどのタンパク質や多数のオートファジー関連遺伝子群(Atg)タンパク質が関与すると考えられている。

シャペロン介在性オートファジー(CMA:Chaperone-mediated autophagy)は、リソソーム膜を直接通過させることで細胞質タンパク質をリソソーム内に導く。5つのアミノ酸残基からなるKFERQ様配列が、細胞質Hsc70およびそのコシャペロンとの相互作用によって、標的タンパク質をリソソーム内に導く。基質とHsc70の複合体がリソソーム膜でCMA受容体Lamp-2Aと相互作用した結果、Lamp-2Aが多量体化して膜透過複合体を形成する。その後、基質の折りたたみがほどかれ、リソソーム内腔のHsc70(lys-Hsc70)の助けを借りてリソソーム膜を通過する。


オートファジーの特徴 検出方法 アプリケーション(用途)
Phagophore ATG, Beclin-1,電子顕微鏡 ウェスタンブロティング、フローサイトメトリー、蛍光
Autophagosome LC3-II抗体: GFP-LC3融合、電子顕微鏡 ウェスタンブロティング、フローサイトメトリー、蛍光顕微鏡
Autolysosome 電子顕微鏡, RFP-GFP-LC3融合, カテプシンアッセイ、Lamp-1とLamp-2 ウェスタンブロティング、フローサイトメトリー、蛍光顕微鏡、RI検出
Autophagic flux RFP-GFP-LC3融合; 蛍光発生プロテアーゼ基質; 同位体標識; p62 / SQTSM1 turnover ウェスタンブロティング、フローサイトメトリー、蛍光顕微鏡、RI検出


関連記事:

[Bioradiations]: Assessing Cell Health: Autophagy

Autophagy Antibodies

ATG Antibodies

Western Blot: LC3 Antibody - An Autophagosome Marker Superior


Ordering Information - Phagophore/Autophagosome関連:ATG/Beclin-1/LC3抗体


カタログ番号 抗原 クローン 用途 交差種 標識
AHP2214 ATG1 Polyclonal P / WB Human Pur.
VMA00280 ATG3 OTI3C6 WB Human Pur.
AHP2219 Polyclonal IP / WB Human Pur.
AHP2220 ATG4A Polyclonal IP Human Pur.
AHP2098 ATG4B Polyclonal P / WB Human Pur.
AHP2440 Polyclonal WB Human Pur.
AHP2160 ATG5 Polyclonal P / WB Human Pur.
AAM79 Polyclonal WB Mouse Pur.
AHP1651T ATG7 Polyclonal C / WB Human Pur.
AHP1651 Polyclonal C / WB Human Pur.
AHP2248 ATG9A Polyclonal E / P / WB Human Pur.
AHP2241 ATG9B Polyclonal C / E / WB Human Pur.
AHP1891 ATG12 Polyclonal P / WB Human Pur.
AHP1892 Polyclonal P / WB Human Pur.
AAM79 Polyclonal WB Mouse Pur.
AHP2242 ATG13 Polyclonal E / P / WB Human Pur.
AHP2438 Polyclonal WB Human Pur.
AHP1894 ATG16 Polyclonal C / WB Human Pur.
VPA00086 Polyclonal WB Human Pur.
AHP2439 ATG16L1 Polyclonal IF / P /WB Human Pur.
AHP2243 ATG101 Polyclonal C / E / WB Human Pur.
AHP1009 Beclin-1 Polyclonal F / P / WB Human Pur.
AHP2167T MAP1LC3A/B Polyclonal IF / WB Human Pur.
AHP2167 Polyclonal IF / WB Human Pur.


Ordering Information - Phagophore/Autophagosome関連:LAMP-1/LAMP-2抗体


カタログ番号 抗原 クローン 用途 交差種 標識
AHP2448 LAMP-1 (CD107a) Polyclonal IF / P / WB Human Pur.
MCA4707T 1D4B C / F IF / IP Mouse Pur.
MCA6113APC H4A3 C / F / IC / P / WB Human APC
MCA6113PE RPE
MCA6113Z PF
MCA2881Z B-T47 F / IF / P Human PF
VPA00561 Polyclonal WB Human Pur.
MCA2315A647 4E9/11 C / F / IP / P / WB Pig A647
MCA2315F FITC
MCA2315GA Pur.
AHP1634 LAMP-2 (CD107b) Polyclonal C / WB Muse Pur.
MCA6114APC H4B4 C / F / IC / P / WB Human APC
MCA6114F FITC
MCA6114PE RPE
MCA6114Z PF
MCA2293 M3/84 C / F / IP / P /WB Mouse Pur.
MCA2293GA Pur.
MCA2558A647 AC17 F / IF / IP / WB Dog A647
MCA2558F FITC
MCA2558PE RPE
MCA2558GA Pur.
AHP2325 Polyclonal E / IC / WB Human Pur.
VPA00316 Polyclonal WB Human Pur.
AHP2324 Polyclonal WB Rat Pur.


製品情報トップに戻る

Autophagy Assay, Red Detection Kit


オートファジープローブレッドは、細胞透過性の脂肪族分子で、オートファゴソームとオートリソソームの脂質膜に挿入すると、明るい蛍光を発します。 オートファジーは、通常3つの段階に分けられる動的プロセスです。 ステージ1では、分解の対象となる細胞質成分が二重膜ファゴポア(隔離膜とも呼ばれます)内に隔離されます。


これにより、オートファゴソームと呼ばれる二重膜小胞が形成されます。 ステージ2では、オートファゴソームがリソソームと融合してオートリソソームが形成されます。 オートファゴソームの内容物の分解は、ステージ3で発生します(水島と小松(2011)、Hundeshagen et al。2011)。

オートファジープローブレッドは、フローサイトメトリーにより、オートファジーが発生している細胞内で590 nmで最適な励起と620 nmでピーク発光する(ZE5セルアナライザー設定:561 nmレーザーと615/24または640/20フィルター)ことで、すばやく簡単に検出できます。


正常Jurkat細胞(赤色)とオートファジーの誘導刺激を受けた Jurkat 細胞(青色)を Autophagy Probe Red で染色し、 ZE5 Cell Analyzerで分析したデータ

関連記事:

[Bioradiations]: Assessing Cell Health: Autophagy

https://www.bio-rad-antibodies.com/autophagy-antibodies.html

ATG Antibodies

Autophagy Assay Kit, Red


Ordering Information


カタログ番号 品名
APO010A Autophagy Assay, Red Detection Kit (50 Test)
APO010B Autophagy Assay, Red Detection Kit (200 Test)


製品情報トップに戻る

オートファジー (Autophagy) リソソーム検出 - カテプシン抗体と検出キット


オートファゴソームはリソソームと融合してオートリソソームを形成し、カテプシンやパーミアーゼなどの酵素がカーゴを加水分解して分解し、カーゴを細胞質に放出してリサイクルします。 バイオ・ラッドのカテプシンB、K、L検出キットは、GreenとMagic Redで利用可能で、リソソームの検出に適しています。

グリーン  マジック レッド  カテプシン

Green/Magic Red Cathepsin Kits

カテプシンファミリーはリソソームに局在するシステインプロテアーゼです。リソソームが介在する重要な経路にはオートファジーがあり、Cathepsin は細胞質タンパク質や機能不全の細胞小器官をリサイクルのために分解するタンパク質分解酵素として作用します。

製品特長:Magic Red Cathepsin B/K/L Kits

  • Magic Red Cathepsin B/K/L Kits は生細胞全体の活性カテプシンの分析を行います。
  • 簡単な操作性
  • 懸濁された生細胞と接着細胞を分析できます。
  • キットには核染色するための Hoechstとリソソームとオルガネラ同定のためのアクリジンオレンジが含まれます。
  • 蛍光顕微鏡または蛍光プレートリーダーに対応しています(Ex: 540-590 nm / Em: › 610 nm)。


製品特長: Green Cathepsin B Kit

  • Green Cathepsin B Kitは、in vitroでの細胞内カテプシン活性の定量とモニタリングを可能にします。 ローダミン110カテプシンB基質試薬は、細胞毒性がなく、膜透過性の基質で、活性なカテプシン酵素による開裂時に緑色に蛍光を発します。
  • キットには核染色するための Hoechst 33342(Ex:365 nm / Em:480 nm)が含まれます。
  • フローサイトメトリー並びに免疫蛍光染色でご使用頂けます。(Ex:500 nm / Em:525 nm)


ロイペプチン処理後のJurkatT細胞およびHeLa細胞におけるカテプシンB染色。 A. Jurkat細胞は、ロイペプチンで処理(赤いヒストグラム)と未処理(緑のヒストグラム)の各サンプルをGreen Cathepsin Bキット(ICT9152)を使用して染色し、ZE5 Cell Analyzerを使用してフローサイトメトリーで分析した。 HeLa細胞を用いては、(B)未処理または(C)ロイペプチンで処理し、Magic Red Cathepsin B Kit(ICT937)で染色し、Hoechstで対比染色しました。



関連記事:

Cathepsin Kits

Effective Detection of Autophagy

Autophagy Overview

Ordering Information


カタログ番号 品名 用途
ICT9151 Green Cathepsin B Kit (25 Test) F / IF
ICT9152 Green Cathepsin B Kit (100 Test) F / IF
ICT937 Magic Red Cathepsin B Kit (25 Tests) IF
ICT938 Magic Red Cathepsin B Kit (100 Tests) IF
ICT939 Magic Red Cathepsin K Kit (25 Tests) IF
ICT941 Magic Red Cathepsin L Kit (25 Tests) IF
ICT942 Magic Red Cathepsin L Kit (100 Tests) IF


製品情報トップに戻る

細胞死/RCD(Regulated Cell Death)関連試薬 - パイロトーシス (Pyroptosis)


パイロトーシスは制御された細胞死の一種として分類され、アポトーシスやネクロトーシスとは異なる炎症反応を伴う細胞死として認知されています。

ヒトではカスパーゼ1、マウスではカスパーゼ11(ヒトではカスパーゼ4、5と相同性がある)がインフラソームに活性化されると、ガスダーミンDが切断されてパイロトーシスが引き起こされる。切断されたガスデルミンDのN末端ドメインは、細胞膜に結合して気孔を形成し、IL-1βの放出とナトリウムと水の流入を促し、膜の破裂を引き起こします。




関連記事:

Mini-Review on Pyroptosis, an Inflammatory Form of Regulated Cell Death

Regulated Cell Death

パイロトーシス - 炎症性の制御された細胞死



製品情報トップに戻る

パイロトーシス カスパーゼ

Pyroptosis FAM/600 Caspase-1 Kit

このキットは哺乳類細胞の活性型カスパーゼ1をライブモニタリングでき、蛍光顕微鏡やフローサイトメトリーによって検出できます。カスパーゼ1の検出は2種類の蛍光色素から選択でき、それぞれのキットにはパイロトーシス誘導試薬と核染色試薬が含まれています


Jurkat細胞でのパイロトーシスの検出
Jurkat細胞は、Pyroptosis 660カスパーゼ-1アッセイキットfar redタイプ(ICT9158)で2時間染色された後、ナイジェリシン10μMで処理されました。パイロトーシスは活性型カスパーゼ1の蛍光シグナルの増大(660 far red)として検出できます。 画像データはZE5 Cell Analyzerで分析したデータ。



関連記事:

Mini-Review on Pyroptosis an Inflammatory Form of Regulated Cell Death

Ordering Information


カタログ番号 品名 用途
ICT9145 Pyroptosis FAM Caspase-1 Kit (25-50 Tests) F / IF
ICT9146 Pyroptosis FAM Caspase-1 Kit (100-200 Tests) F / IF
ICT9158 Pyroptosis 660 Caspase-1 Kit (25 Tests) F / IF
Pyroptosis検出に最適なFLICA Kits
ICT097 FAM FLICA Caspase-1 Kit (25 Tests) F / IF
ICT098 FAM FLICA Caspase-1 Kit (100 Tests) F / IF
ICT9122 FLICA 660 Caspase-1 Kit (20-50 Tests) F / IF




製品情報トップに戻る